ご利用ください

マイクロ化総合技術センタ-は、半導体素子と微細加工デバイスの両方を開発可能な施設で、設計から製造・評価まで、一貫した開発が可能な、国内の大学でも全く稀有な施設です。

九州工業大学情報工学部(飯塚キャンパス)内に設立されて以来、すでに四半世紀となりましたが、学内外の関係者の方、地域の皆様方からの支えにより、これまで施設・設備を維持することができ、今に至っております。

マイクロ化総合技術センター
センター長 中村 和之

この素晴らしい施設・設備は、産学連携・学内共同利用施設として、広く多くの方々にご利用いただけます。皆さまが目指す創造的イノベーションの実現を支援するオープンな技術センターであることを、改めて活動理念として掲げております。

新しい機能デバイスを開発する拠点として、あるいは異分野参入のための研究拠点として、また社会人再教育(リカレント教育)の機関として、全て我々センターの教員・スタッフがお手伝いいたします。是非ご活用をご検討ください。

PAGE TOP
MENU